ワーママ2人目妊娠のつわりの乗り切り方~仕事、育児、家事そして、つわり

1人目妊娠時と全然違う!+育児の重さ

高齢のため、2人目の妊娠は早めを希望していた私。

1人目を0歳4月(生後5か月)で保育園に預けて仕事復帰。仕事復帰してから7か月後で上の子が1歳1か月の時に2人目の妊娠が発覚しました。

思ったより早めに来てくれた2人目妊娠の喜びをかみしめる間もなく、悪阻がやってきました。

1人目妊娠のつわりの時は、フルタイムでへとへとでも家帰って寝てました。 1人目の頃と比較して2人目は、、、

①毎日の保育園のお迎え

②保育園帰宅途中に買い物して夕飯作りして、上の子食べさせる

③毎晩パパ帰宅までのワンオペ育児と家事

④寝かしつけたら、保育園の準備

と待ったなしの上の子の育児タスクもりもり♡

さらに追い打ちをかける、つわりの吐き気。(涙)

2人目妊娠時のつわりの乗り切り方を私なりに模索したので、まとめました。

1.育児だけやる!本当に必須の家事の見直し

つわりで家事どころではない!育児だけで精一杯!

余裕のない状況でママがアンハッピーになるくらいなら、パパへ家事をお願いしてしまいましょう!

つわりで、できないものはできない!育児だけやるから、あとはお願い…。そうしちゃいましょ。

そして、パパができない家事はやらない。

うちは、料理を捨てました。ご飯炊いたら匂いで吐きますから。

冷凍の魚、デパ地下の惣菜や、コンビニ弁当、節約のために冷凍弁当で乗り切りました。


2. 自分の体調のよい時間帯を知る

個人差があると思いますが、つわり中でも体調が良い時間帯が少しはあると思います。私の場合は朝。

吐き気が少なかったので、体調悪い夜はさっさと寝て、早めに朝起きて家事をしていました。

少しでも気分のよい時間帯に、上の子の離乳食ストックなど作っていました。

3.義母の月1お掃除リセット必須

パパに頼るとはいえ、、パパもキャパシティーの限界があります。うちのパパは掃除ができないので、家がぐちゃぐちゃになります。。

そんな時うちは月1回に掃除大好きな義母を呼んで娘と遊んでもらいつつ、掃除してもらいました。パパからチップも払っています。頼れる親族を頼りましょう。その間、ママは睡眠か美容院でした。

頼れる人が居ないなら、外注しましょ。

つわり中のママは無理しちゃダメ!

4.つわりで仕事にならない…対処法

上の子は保育園に預けて、 思い切って、 休む。

毎朝、「今日は無理かも…」と弱気になりがちなつわり中。

しかし、仕事に集中すると時間が早く過ぎる不思議…。

たまには休みましたが、意外とオフィスに行ってしまえば、意外とノリで乗り切れたので、なるべく出勤しました。

もちろん、食べつわり対策でデスクにバナナを欠かせず置いていたり、トイレに駆け込んでおえってしたり、会議には必須の食べ物を持ち込んで参加者に配ったり…いろいろ工夫は必要でした。「レモン系ドリンク」「オレンジ系グミ」いろいろな食べ物を会議に持ち込みました…。

オススメは定番ですが、キレートレモン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本
価格:1762円(税込、送料別) (2020/3/16時点)


そして、なるべく仕事は手を抜く。

5.ベビーフードへの罪悪感を捨てる

思い切って、上の子のお世話も手を抜こう。

私は料理ができなかったので、ベビーフードに頼りました。

パパがご飯を炊いてくれる時は、ご飯だけは普通に手作りで、おかずはベビーフード2品という夕飯が多かったです。

さすがに、ベビーフード2品は可哀そうかな…と思うこともありましたが、

「保育園で昼食はいいもの食べてる!」

「休日にたくさん野菜を手作りで与える!」

など、不足した野菜は週末補いながら、平日を乗り切りました。

6.何もする気力ないことを受け入れる

つわりのせいで何もする気力がなく、 寝かしつけの後の自分時間はほぼ睡眠に消えました。

家計簿も貯めてたし、読書もブログもやめて、ひたすら寝ました。寝たほうが気持ち悪いと自覚せずに済むからです。

眠れない時は、ぼーっとテレビを見る…なんてことを自分に許しました。

7.体調管理、死活問題

保育園で風邪をもらってくる上の子。。妊婦が風邪なんてもらったら、ひどいことになります。さらにしんどい。

私は妊娠初期に風邪をもらってこじらせて、結膜炎、副鼻腔炎、気管支炎を患いました。

今は予防も大事だと、R-1ヨーグルトドリンクを箱買いして、毎日飲んでいます。


まとめ

2人目以降の妊娠時は、上の子の育児もあるので、家事は最低限に!

ひたすら自分時間を睡眠時間にあてて、乗り切りましょう!

体調管理も忘れずに!

終わらないつわりはない!

がんばって乗り切ってくださいね。